相続税に何して

将来かかる相続税について対策 シミュレーションで人生設計を

将来ご自分の財産をご家族に譲りたいと考えている方、相続税について正しい知識をお持ちでしょうか。どのくらいの税金がかかるかシミュレーションを行ったことはあるでしょうか。これまでは相続税といえば、相当な資産家にしか関係のない話と思われていました。相続税を支払う必要があるのは、100人に1人の割合とも言われてきました。しかし、平成27年1月より税制が改正され相続税の基礎控除枠が縮小されます。これまで基礎控除枠は「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」でしたが、改正後は「3,000万円+600万円×法定相続人数」となります。この大幅縮小により、無関係ではなくなる人も増えるのです。将来的に遺産相続を検討している方は、相続税がいくらになるかをシミュレーションしておく必要があるといえるでしょう。ファイナンシャルプランナーに相談して、今後の景気動向を予測し相続の方法を検討するのも良いでしょう。

家族に負担をかけないために 相続税のシミュレーションを

ご家族に資産を遺すことは、家族への思いを遺すことにつながりますが、相続税にまで考えが及ばず、後に家族が高額の税金を納めることになるケースも少なくありません。生前に相続税がいくらかかるのかをシミュレーションしておくことは、遺された家族のためにもなることです。平成27年の税制改正により、相続税の基礎控除枠が縮小となるだけではなく、税率も引き上げとなります。法定相続人の取得金額が2億円以上の場合に税率が変更となります。実際には基礎控除を控除した金額を法定相続人で振り分けたあとに、税率をかけることになりますので、相当な資産家の方が対象となりますが、知っておく必要があります。ご自身では関係がないと思われていても、一度計算してみると良いでしょう。税理士に相談するのは敷居が高いと感じられている方は、銀行で相談するのも良いでしょう。ファイナンシャルプランナーの資格を有する行員の居る銀行も多くなってきていますので、一度シミュレーションを依頼してはいかがでしょうか。