遺産相続について

遺産相続と生前贈与などの豆知識

遺産相続とは、亡くなった人の財産を親族などが受け継ぐ事で、その人が生きているうちに財産を分けてもらう事を、生前贈与と言います。 遺産相続と生前贈与では、同じ人から同じ分だけもらっても、税金のかかり方が違って来てしまうので、注意して下さい。 遺産相続の分配を受けられるのは、法定相続人と遺言書に記載された人のみです。 法定相続人とは、遺産をもらう権利の生じる親族の事で、配偶者や子供、父母や兄弟姉妹で、近親者が優先的に相続出来るでしょう。 しかし、色々と手続きが難しくなる事もありますので、額が多い場合は専門の弁護士などに相談しましょう。 弁護士も色々いますし費用も事務所によって違うので、インターネットでも調べてから依頼して下さい。

遺産相続の事で困った時は弁護士に相談

遺産相続は大変難しく、素人では難しいです。 そこで、弁護士にお願いすれば、色々と相談に乗ってくれるので安心出来ます。 遺産がどの位あるかを調査して、法定相続人を確認しましょう。 きちんと確認したい時は、戸籍謄本や相関図などを準備します。 預金通帳だけでなく、証券や不動産なども確認する事が必要です。 また、借金などはマイナスの資産になりますので、しっかりと把握しておかないといけません。 遺産相続をする事が出来れば相続放棄する事も出来ますが、相続放棄する場合も期限内に申し立てを行わないといけないので、弁護士などに相談するのが良いでしょう。 確定申告や代理人、必要な書類なども多くありますし、やる事も沢山ありますので、早めに弁護士に相談して下さい。